菜の花




科・属名 アブラナ科 アブラナ属

学名 Brassica rapa subsp. oleifera

和名 菜の花

別名 花菜(ハナナ)、菜花(ナバナ)、油菜(アブラナ)、西洋油菜(セイヨウアブラナ)

英名 Field mustard, Rapeseed

原産地 ヨーロッパ、東アジア

最盛期 2月~3月

開花時期 2月~5月

出回り時期 12月~5月

花の色 黄、オレンジ、白、紫

花言葉 「快活な愛」「競争」

花名の由来 「菜」は食用を意味し、食用の花という意味だそうです。

誕生花 2/6

その他 
菜種油の原料。胡麻和えやお浸し等、食用可能でビタミンCやミネラルが豊富な緑黄色野菜になるそうです。




関連記事

  1. ペポかぼちゃ(ハロウィンかぼちゃ)

  2. ベロニカ(ルリトラノオ) スマートビザーレ

  3. ガーベラ オレンジディーノ

  4. リューカデンドロン グリーンスター

  5. トルコキキョウ 紫ほのか

  6. バラ ビブラマリエ

テキストのコピーはできません。