カーネーション スタンダード イエロービアナ




科・属名 ナデシコ科 ナデシコ属

学名 Dianthus caryophyllus L.

和名 麝香撫子 和蘭石竹 和蘭撫子

別名 ジャコウナデシコ オランダナデシコ オランダセキチク

英名 carnation

原産地 南ヨーロッパおよび西アジアの地中海沿岸

最盛期 3月~5月

開花時期 2月~5月

出回り時期 周年

花の色 赤 ピンク 白 黄 オレンジ 緑 紫 青 虹 複色等

花持ち期間 7日~10日程度

花言葉(複色) 「拒絶」

花名の由来 この花が肉(ラテン語の「carn」)の色に似ていることに由来するという説など諸説あるそうです。

誕生花(黄) 3/8

その他 
ヨーロッパではイエス・キリストが処刑された時に聖母マリアが流した涙がカーネーションとなって生えた、という言い伝えがあるそうです。




関連記事

  1. バラ ビブラマリエ

  2. カーネーション クレオラ

  3. トルコキキョウ 紫ほのか

  4. ペポかぼちゃ(ハロウィンかぼちゃ)

  5. リューカデンドロン グリーンスター

  6. ガーベラ オレンジディーノ

テキストのコピーはできません。