千日紅




科・属名 ヒユ科センニチコウ属

学名 Gomphrena globosa

和名 ダンゴバナ ダルマソウ

別名 センニチソウ(千日草) ゴンフレナ(Gomphrena)  

原産地 熱帯アメリカの高地

開花時期 7~10月

出回り時期

花の色 白 ピンク 紫紅 朱 オレンジ(キバナセンニチコウ)

花持ち期間

花言葉 「色あせぬ愛」「不朽」

花名の由来 夏から秋までの長い間花の色があせず「千日花が咲くこと」にちなむことからつけられた。

誕生花 8/20 8/26

その他 
水分量が少なくドライフラワーにしてもキレイな花色を保ちます。花言葉の「色あせぬ愛」もその特性に由来するといわれているそうです。




関連記事

  1. カーネーション クレオラ

  2. ガーベラ テンポラ

  3. センリョウ

  4. ペポかぼちゃ(ハロウィンかぼちゃ)

  5. リューカデンドロン グリーンスター

  6. トルコキキョウ 紫ほのか

テキストのコピーはできません。