頑張り過ぎないで




心身共に疲れた時、
頑張り続けることを
お休みしましょう。

自分自身が
疲れている事を理解し
認めましょう。

周りの人は
あなたのことを
気にかけています。

自分の中に蓄積された
「負」の気持ちを
上手に吐き出しましょう。

力を抜ける時は
しっかり抜いて下さい。
必要な時に力が入りません。

同じ状況の人と
気持ちを共有し
独りではないと認識して下さい。

時間がかかっても
少しずつ
共に前に進んで行きましょう。

一連の熊本地震で
無くなられた方の
ご冥福をお祈りすると共に

今、現在
被災地で不便な生活を
強いられている方々が、

少しでも早く
平穏な日々を取り戻せるよう
心から願います。





関連記事

  1. 神頼みの効果

  2. 自分の身は自分で守る

  3. 自己受容を目指して

  4. あげまん女になるには

  5. 眠れない時

  6. 3日坊主を卒業する

テキストのコピーはできません。