「いい人」をやめてみませんか?





人から頼まれた。
ホントはイヤなんだけど
断れない。

「いい人」を演じるのは疲れます(+_+)
ホントは「いい人」じゃないから
「いい人だと思われたい」から
「いい人」を演じてしまうんです。

どうして?
「嫌われたくない」から。
「その人のために」ではなく
「自分が嫌われるのがイヤだから」

あなたが「いい人」をやめたら
離れていく人がいるかも知れません。
でも、その人はあなたにとって
必要な人ですか?

離れていく人は
いろいろやってくれる
「便利な」あなたが必要だった。
だから「便利な」次の人を探して
離れていったのでしょう。

あなたが辛い思いをして
尽くす事を
「あたりまえ」
のように思う人と
長い間付き合って行くのは
大丈夫ですか?

人から頼りにされるのは
嬉しい事ですね。
でも「いい人」を演じるために
自分が辛い思いを
し続けて行く必要はありません。

「いい人をやめる」とは
自分と他人の境界線をはっきりし、
お互いに気持ちのいいラインは
どこなのかを探ることです。

「いい人」をやめて
「気持ちのいい人」を
目指してみませんか?




関連記事

  1. 自分の身は自分で守る

  2. 上手なあやまり方

  3. 眠れない時

  4. プレッシャーに強くなる

  5. あげまん女になるには

  6. 傷つきやすい人へ

テキストのコピーはできません。